Salesforce認定アドミニストレーター試験の模擬問題です。過去問題同様の問題形式で作成しております。この単元は【ワークフロー/プロセスの自動化】です。認定アドミニストレーター試験で10%の出題率です。何回もやって正答率8割を目指しましょう!

Q397.ワークフローのToDoで、どのアクションが可能ですか?2つの回答を選択してください。

1.ToDoは活動履歴で追跡できる。

2.ひとつのToDoを複数のユーザに割り当てることができる。

3.ToDoをChatter Freeユーザに割り当てることができる。

4.ToDoは複数のワークフロールールで再利用できる。

答え
Q398.次のうちワークフローアクションはどれですか?4つの回答を選択してください。

1.レコードを作成する

2.項目更新

3.TODO作成

4.テキストメッセージ送信

5.ウェブページを立ち上げる

6.Eメール送信

7.アウトバウンドメッセージ送信

答え
Q399.ワークフロー項目の更新アクションで何ができますか?2つの回答を選択してください。

1.特定の値を項目に適用する

2.レコードのレコードタイプを変更する

3.子オブジェクトの項目の値を更新する

4.数式項目の値を更新する

答え
Q400.ワークフロールールを構成する際の2つの考慮事項は何ですか?2つの回答を選択してください。

1.新しいルールがアクティブ化されると、既存のすべてのレコードが評価されます。

2.データインポートウィザードを使用する前に、ルールを無効にする必要があります。

3.ルールは、レコードが作成または編集されるときに評価できます。

4.ルールアクションはすぐに実行することも、時間ベースで実行することもできます。

答え
Q401.データローダの特徴として正しくない説明はどれですか?1つの回答を選択してください。

1.商品や商談のレコードをインポートしたり更新したりできる

2.データのエクスポートができる

3.一致項目に基づいて重複回避が可能である

4.データのインポートや更新時にワークフロールールを実行する

答え
Q402.承認プロセスに関して正しい説明はどれですか?2つの回答を選択してください。

1.委任された承認者は承認リクエストを再割り当てできます

2.承認アクションは、レコードの承認または拒否の結果を定義します

3.割り当てルールは、各プロセスステップの承認者を定義します

4.承認履歴関連リストを使用してプロセスを追跡できます

答え
Q403.優先度の高いケースが少なくとも4時間以内に応答されるようにするか、「優先度の高いキュー」と呼ばれるキューにエスカレーションすることを望んでいます。管理者は、この要件を実装するためにケース管理プロセスをどのように構成する必要がありますか?1つの回答を選択してください。

1.割り当てルールを作成して、ステータス=高のすべてのケースを高優先度キューに割り当てます。

2.最終変更時刻に基づいてステータス=高のすべてのケースを高優先度キューに割り当てるケースマイルストーンを作成し、経過時間を4(時間)に設定します。

3.エスカレーションルールを作成して、ステータスが「高」のすべてのケースを最終変更時間に基づいて高優先度キューに割り当て、経過時間を4(時間)に設定します。

4.エスカレーションルールを作成して、最終変更時刻に基づいて、ステータスが「高」のすべてのケースを高優先度キューに割り当て、経過時間を4(時間)に設定します。

答え
Q404.7月30日の終了日で作成された商談レコードは、時間ベースのワークフロールールが適用されており、アクションは7月23日に予定されています。7月23日より前に商談が編集され、基準を満たさなくなった場合はどうなりますか?1つの回答を選択してください。

1.時間ベースのアクションは自動的にキューから削除されます。

2.時間ベースのアクションが保留されます。

3.時間ベースのアクションは7月30日に実行されます。

4.時間ベースのアクションは7月23日に実行されます。

答え
Q405.Web-to-caseを使用して、Webサイトを通じて送信されたサポートリクエストをケースに変換します。サポートチームは、ケースの件名に「忘れた」と「パスワード」という単語が含まれている場合、パスワードのリセット手順を含むメールをSalesforceから自動的に送信することを希望しています。管理者はこの要件を満たすために何を設定する必要がありますか?1つの回答を選択してください。

1.自動応答ルール

2.検証ルール

3.Email-to-case

4.サポート設定

答え
Q406.ワークフローアクションについて、間違っている文章はどれですか?1つの回答を選択してください。

1.項目自動更新では、主従関係であれば、親オブジェクトの値を更新できる

2.ワークフローTo-Doは、複数のユーザに割り当てられない

3.項目自動更新では、レコードタイプを変更できない

4.ワークフローTo-Doは、活動履歴で追跡できる

答え